ページ内の移動用のリンクです

スタッフ紹介

“商売の楽しさ” を感じられる仕事 ストアマーチャンダイザー 安藤 崇之(2005年入社)

経歴
2005年入社。首都圏2店舗、関西圏2店舗で計7年4カ月勤務後、販売推進部に異動。
現在は関西7店、九州5店のストアマーチャンダイザーとして活躍中。

プラザスタイルを選んだ理由

商品カテゴリが多いことで刺激が得られる

 もともと、洋服が好きだったので、学生のころはアパレル業界で働いてみたいと思っていました。忙しく動いていないと落ち着かない性格なので、店舗の勤務には魅力を感じていて、プラザスタイルには、就職先を探していくうちに行き当たりました。洋服以外にもさまざまなカテゴリのアイテムを扱っている点に、ここにしかない魅力を感じましたね。
 正直に言うと、学生のころPLAZA/MINIPLAに行くのはちょっと恥ずかしいと思っていました。やはり女性客が多いですし、学生にとっては価格も高め。自由に買い物ができる場所ではありませんでした。でも、日本では見たことのないような輸入菓子など、面白いアイテムがたくさんあったことは知っていたので、店の“内側”へ入ってしまえばきっと楽しいだろうなと思っていました。

私の仕事

幅広い知識と情報で店舗をサポート

 ストアマーチャンダイザーとして、商品や売場のトレンド情報を発信し、統括する店舗のサポートをしています。バレンタインやハロウィーンなど大掛かりなプロモーションがあるときは、半年以上前から売場の展開方法を考え、準備をしています。
 2カ月に1回は担当している関西地区や九州地区へおもむき、各カテゴリのリーダーとミーティングをしています。例えば、今、ステーショナリーのカテゴリでは、モバイル関連グッズが業績を伸ばしているので、スマホのアクセサリーなどがきちんと売場の目立つ場所に配置されているかを確認していますよ。関西圏はテレビ番組の影響が強いので、番組で紹介されたアイテムをきちんとプッシュできているかについても確認をとっています。ときには、店舗スタッフに「どのような工夫をしているのか」意見を求めることもあります。良いと思った事例は他店でも参考にしてもらえるように資料にまとめ、その他のトレンド情報と一緒に全店に配信しています。

売上アップや店を作ることにやりがい

 アイデアを出し合いながら既存の店舗を徐々に作り上げていくことも、とても楽しいのですが、私が最も面白いと思えるのは、新店や改装のため、イチから店を作るときです。ゾーニングから棚・什器の配置、ラインアップまで、店作りに関することをまっさらな状態から考えます。商売の楽しさと作る楽しさを兼ね備えた仕事ですね。もちろん、私がサポートした店舗が売上を伸ばしたり、予算を無事に達成させたときにも大きなやりがいを感じていますよ。

印象的だったできごと

バレンタイン商戦ではチョコレートで1日700万円の売上

 今まで最も印象的だった出来事は、PLAZA GINZAに勤務していたときのバレンタイン商戦のことです。チョコレートを中心とする菓子が1日に700万円も売れ、日頃のお客様の目線に立った売場作りや品揃えが見事に当たりを引き当てたと感じました。多くのお客様が支持してくださっていることが分かり、“商売の楽しさ”を実感しましたね。

こんな職場

何にでもチャレンジできる会社

 外から見ていたときにはあまり分からなかったのですが、働いてみて分かったことは、プラザスタイルの商品の入れ替わりは、非常に激しいということ。プロモーションは2週間に1度のペースで変わります。多忙ではありますが、さまざまなカテゴリのアイテムに触れられるので刺激になります。
 また、どんなことにもチャレンジさせてもらえる社風ですので、努力次第でバイヤーにもなれますし、新店や改装の出店にも携わることができますよ。

わたしにとってのHapp!ness &

海外の雰囲気を届けること

プラザスタイルといえば、やっぱり輸入雑貨。ご来店いただいたお客様に珍しいアイテムを数多くお届けして、たくさんの発見を提供したいです。

ハワイアナス ビーチサンダル

 鼻緒とソールを自由に選び、オリジナルの1足を作れる「make your own havaianas」のビーチサンダル。毎年自分で購入しているのですが、異動の際に餞別の品としてもらったものが、まさに私好みの色使いで、自分でカスタマイズしたものと似た色合いでとてもうれしかったです。どちらも大切に使っていますよ!

関連するおすすめコンテンツ

  • バイヤー紹介
  • 企業理念 Happ!ness &